仕事内容

看護師の仕事内容は主に医師の診察の補助、患者の身の回りの介助です。細かくみていくと、医師の診察の補助というのは医師が患者を診察するときに患者のカルテを用意したり、患者の誘導を行ったり、患者に服を脱ぐよう指示したり、医師が告げたことを細かく説明しなおしたりすることがあります。そして患者の身の回りの介助というのは主に入院病棟でのことであり、トイレや入浴の介助はもちろん食事や着替えの介助も行います。夜は自分で寝返りが出来ない人のために2、3時間毎に寝返りを打たせてあげたり、腰が痛いという人にはその人が寝付くまでさすってあげたりととにかく補助、介助が基本です。また、入院病棟では朝から患者の元へ行き体温や血圧をチェックして、それぞれの検査の用意をして患者を誘導して、自分のお昼ごはんもそこそこに午後からは入退院の準備や引き続き検査の準備を行い、業務報告書を書いて日勤は上がり、という場合が多いです。夜勤は主にナースコール対応が基本です。前述のとおり夜は何時間ごとかに入院病棟を周り患者に異常がないかを確認します。12時間以上働くことになるので仮眠を2、3時間とることが出来ますが、夜勤は看護師の数も少ないので、忙しければ寝れないし、自分の業務報告が終わって申し送りを日勤の人に引き継がなければ上がることも出来ません。そのため、残業をしなければならないこともあります。
関連サイト☆…http://memoriesofpatient.org/job/type/…☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です